●「タピオカ理論(1)(超球理論)」

2016/9/17

 

タピオカイメージ

復活した新・時空のおっさんまとめwikiを見ていたら、とてもおもしろそうなネタを見つけてしまった。

「レオの超球理論(タピオカミルクティー)」

このネタの中心人物「レオ」さんが降臨したのは2016年4月16日のオカルト板の 【2062年未来人】降臨スレ専用 part3。ちょうど2062年の未来人が再来すると言っていた前後で、同じような2062関連スレが乱立していた。

私もこのときいろいろスレをチェックしていたから、レオ氏の発言もなんとなく記憶がある。

ただ最初は2062の仲間の一人という体裁で、(私にとって)そこまで興味深い発言もしていなかったので、あらためてwikiのまとめを見て驚いた。

その理由は、私がこのサイトを通じてもっとも到達したかったタイムトラベルの理論が、実際にそこで語られていたからだ。
具体的には生身の体のまま過去に戻り、過去の世界を体験し、再び自分のいた未来に戻ることのできる方法を説明していたのだ。

前回の「人のいない空間の謎(2)」が不完全燃焼に終わってしまい今回は「弱測定」についてもう少し掘り下げようと思っていたのだが、このまとめを読んでしまったら、レオさんのタピオカ理論を検証せずにはいられなくなった。

スレは4月16日から単独スレになって5月末まで続いたみたいだ。
レオさんは2062関連の他、われわれの上位の存在を匂わす発言などもしているが、このサイトの趣旨からその理論に特化し、例のごとくその理論が事実なら、現代の物理学でどのように読み解けるのか考察していきたい。

まずレオさんは理論の基本として「超球理論」を紹介した。
実際に紙に理論の基本図を描き、それを写した写真をスレに投稿してくれたのだが、未来人のレオさんは文字やイラストを書くことに慣れていないせいかあまりにも読みにくかったため、私がオリジナルでつくった下記の図をごらんいただきたい。
(スレの中には有志が作った図や解説がたくさん掲載されていますが、転載禁止になっていたので今回ご紹介する解説図は私がオリジナルで制作しています。タピオカ理論のスレをご覧の方で「ここは間違っているよ」などご指摘があれば、ぜひこちらの問い合わせまでご連絡ください)

超球理論の基本
レオさんの超球理論の基本

レオさんによれば、時間は実は球のような3次元であり、われわれの住む宇宙はその球の表面にくっついている。そしてその周囲を静止宇宙という3次元の宇宙が取り囲んでいる(静止宇宙はわれわれの考える宇宙の外らしい)。われわれの宇宙は動的宇宙と呼ばれる3次元空間であり、われわれの動的宇宙(3次元)+静止宇宙(3次元)+時間(3次元)を足した9次元の宇宙を大宇宙と呼ぶそうだ。

われわれは時間を過去から未来へと流れる1次元ととらえるのが一般的なので、レオさんの理論はトンデモ仮説のようでにわかに信じがたいが、「超球理論」という言葉自体は、レオさんがはじめてでなく、南堂久史という方も唱えていた理論の名前だった。

南堂氏の超球理論は超弦理論によく似た理論で、超弦理論は物質の一番小さな単位を「ひも」だと定義するが、南堂氏の「超球理論」では球だとする理論。超弦理論では「ひも」の振動がさまざな粒子に対応するとしているが、超球理論では球の回転がさまざまな粒子に対応するという。

南堂氏の理論とレオさんの理論は、どちらも超弦理論と似た共通点をもっているが、基本的な考え方はまったく異なる。

ではレオさんの超球理論とはどんなものか? 

時の流れ

この図は静止宇宙を流れる球(3次元の時間)を表しており、球の表面にくっついているわれわれの動的宇宙は静止宇宙にも接触しており、その接点での流れがわれわれが一般的に感じている時の流れだそうだ。

まずここで混乱が生じる。

レオさんの超球理論には2つの時間が登場する。私もこのサイトの「時間とは-直交する2つの時間」で2種類の時間を扱っているので人のことは言えないが、スレの中でタピオカミルクティーに例えた考え方が提案された。それがとてもわかりやすかったのでレオさんも賛同し、その後は自らも3次元の時間をタピオカに例えて解説している。

イメージ3

ミルクティーの中にタピオカを入れると、

イメージ4

タピオカはミルクティーの中をゆっくりしずんでいく。ここで球(3次元の時間)をタピオカに、ミルクティを静止宇宙に例えてみる。

イメージ5

しずんでいくタピオカの表面には我々の住む動的宇宙がくっついており、静止宇宙と接触している部分で流れを感じている。これが「時の流れ」であり、われわれが一般的に想像する過去から未来への流れと同様に不可逆的である。「3次元の時間」と「時の流れ」という2つの時間の関係性をミルクティーにしずんでいくタピオカ(それにくっついてしずむ我々の宇宙)に例えたのがタピオカミルクティー理論、略してタピオカ理論である。

イメージ6

タピオカ(3次元の時間)はミルクティー(静止宇宙)の中にたくさん存在している。それぞれの大きさはさまざまで、大きさによって流れる時間や物理法則も違う。

イメージ7

実はタピオカの表面にくっついた動的宇宙(われわれの住む宇宙)も同じようにたくさん存在している。こちらも大きさはさまざまで、今もどんどん増えている。

レオさんによるとはじめは10個から12個程度だったが、いまでは80億~100億も認識され増えているそうだ。
その中の宇宙それぞれに我々が存在している。つまり同じ人間がそれぞれの宇宙の中に一人ずつ、80億~100億人いることになる。

イメージ8
動的宇宙が増える仕組み

このタピオカ同士はたまにはぶつかることもある。レオさんの世界ではこれをビッグスペースと呼んでいる。

イメージ9
動的宇宙が増える仕組み

お互いのタピオカが接触した部分に動的宇宙が誕生する。われわれの世界でいうところのビッグバンである。

イメージ10

誕生した動的宇宙はタピオカの表面をどんどん広がっていく。これがわれわれの世界で観測される宇宙の膨張である。

球面の表面を広がりきった動的宇宙は最終的にどうなるか?
レオさんの世界ではそれをビッグシフトと呼ぶ。これはわれわれの世界でいうビッグクランチに相当するそうだ。
※ただし実際のビッグクランチとは(ダークエネルギーの斥力などによって)膨張していた宇宙がある時点で収縮に転じ(ダークエネルギー<宇宙の総質量になった場合など)、どんどん小さくなっていき最終的にはビッグバンの最初にあたる特異点となって終焉を迎えると予想されている。

現在の理論では膨張した末の終焉は、ビッグリップ(他の銀河を支えられなくなるほど希薄になってバラバラになる)や、熱的死(宇宙のエントロピーが最大となりほとんど絶対零度の状態になって終了する)が考えられている。

広がりきってビッグバンのはじめと同じ特異点で終わるとは、3次元だからこそ可能な発想だ。

さて、いよいよタピオカ理論におけるタイムトラベルの方法だ。

イメージ11
年代の異なる動的宇宙

ビッグスペースの繰り返しによってタピオカの表面にはたくさんの動的宇宙が存在しているが、それぞれの動的宇宙の年代(成長度合)は異なっている。「今」われわれは2016年の動的宇宙に住んでいるが、20年前の1996年の動的宇宙もあれば、レオさんのいた50年後の2066年の動的宇宙もある。

イメージ12
過去、未来への時間移動

「今」われわれが住む2016年の宇宙から静止宇宙を通って(それがタイムトラベルの条件らしい)1996年の動的宇宙に移動すれば過去へのタイムトラベルだし、2066年の動的に宇宙に移動すれば未来へのタイムトラベルとなる。

駆け足で説明してきたが、

・タイムパラドックスはどう解決するのか?

・過去に戻って自分と出会ったらどうなるのか?

・タピオカ上には80億から100億とも言われる同じ人間が存在するが、その自我は?

・タイムトラベルするのになぜ静止宇宙を通る必要があるのか?

・具体的にどうすれば静止宇宙に入れるのか?

など、まだまだレオさんが語ったタピオカ理論にはたくさんのコンテンツがある。

次回はそれをご紹介していきたい。
まだまだ続きますが、ぜひお付き合いを。