●過去を変える方法(2)

2016/7/7

 

天体観測イメージ

 

「現在」から「過去」を変えるにあたり、まずはどうゆう風に改変するかを決める必要があるだろう。

貧乏な「今」の暮らしを変えるため、例えば過去に1億円の宝くじを当てて大金持ちになった「今」に改変してみよう。具体的には「過去に1億円の当たりくじを自分が買った」事実を100%にすればいい。

 

過去に起こった事象の確率といえば、「弱測定」(量子の重なりあった状態を壊さずに観測する方法)で出現した負の確率が思い浮かぶ。つまり弱測定で観測した負の確率が100%になるように調整する。

先の例では、「1億円の当たりくじを自分が買った」という過去の確率が100%になるようなルートを見つけてやればよい。

 

まず、どうにかして境界表面(宇宙の地平面)に存在しているすべての可能性を観測し、「1億円の当たりくじを買った自分」という事象につながる情報をくまなく探す。当選番号、売り場の場所はもちろん、人よりも先に自分がその売り場へたどり着くための日付や条件など、大変だがすべての可能性は地平面上に存在するので、探せばきっと見つかるはずだ。

 

ただし観測する際には注意が必要だ。普通の状態で地平面を観測すると強測定になり、波動関数の収縮が起こっていつまでたっても負の100%の確率には届かない。弱測定で弱い観測を繰り返し慎重に行うのだ。

 

そして「1億円の当たりくじを自分が買った」確率が-100%のルートが見つかれば、こんどは時間の矢にそって「今」どういった選択していけば-100%の確率にたどり着けるのか、コンピュータでシミュレーションする。

おそらくこの計算には量子コンピュータのような次世代の超高性能コンピュータが必要だろう。そして見事シミュレーションを完成することができれば、節目となる大きな過去改変のポイントを発見できるはずだ。

そこで、今度はあなた自身がシミュレーションにより導かれたポイントで、実際に「今」を選択していく。

 

選択された「今」は量子のもつれにより境界表面(宇宙の地平面)上の確定された情報として収縮し、「未来」のあなたが1億円の大金をつかむチャンスを100%にしていくというわけだ。

 

簡単に書いてしまったが、今まで述べた方法はまったくの思考実験であり、実際には「事象の境界表面がどこにあるのか?」、「どういう手段で観測するのか?」など、まったく検討がつかない。

そもそも境界表面上の情報とは、宇宙のすべてが記録されているというアカシックレコードと同義になり、ラプラスの悪魔を生み出すことにもなりかねない。運よく観測することができたとしても、果たして人間が認識できるようなものなのかはわからない。

 

また仮に認識できたとしても、境界表面上の情報を自分が思うようにシミュレーションするには、どれほどすごいスーパーコンピュータが必要だろう。現在から過去へ時間をさかのぼるに従って、可能性の振れ幅も情報量も膨大に膨れ上がる。

 

ただ私(BTTP)個人の意見だが、今回考察した「過去を変える方法」は、タイムトラベルの基本で紹介したワームホールをくぐったり無限の長い宇宙ひもを周回するよりも、ほんの少しだけ現実味のある気がする。

  

この「境界表面上の情報を弱測定で観測して過去改変する方法」、長いので、ホログラフィックな情報を望遠鏡で観測するイメージから「ホロ・スコープ理論(Holo-Scope theory) 」と名付けた。ちなみに星占い(Horoscope)とはまったく関係ない・・・。

ブレーンスコープimage

 

実証可能性は限りなく低いし、わかりにくいかもしれない。でもキアヌ・リーブス主演の映画「マトリックス」をご覧いただければイメージがつかめるだろう

強調したいのは「マトリックスが見ている」のではなく、我々が「マトリックスを観測する」のだ。

  

ご紹介した理論の間違い、考察の矛盾などは、こちらまで