●時間とは-スポットライト理論

2016/5/18

 

いろいろな本を読んで自分なりに出した結論が、「時間には2種類あるのではないか?」ということ。

1つ目の時間はいわゆる我々が日常感じている時間感覚・・・過去、現在、未来というもの。そして2つ目の時間は、宇宙が生まれてから「この世」の理である「覆水盆に返らず」という因果律である。つまりエントロピー増大の法則または、熱力学第二法則、時間の矢とも呼ばれる。

1つ目の時間から説明していく。

時間をはかるものとして、星の周期、放射性炭素の半減期、水晶の振動などいろいろあるが、どれも人類が自分たちの都合のよいように作り出した物差しだともいえる。

果たして時間は人間が作り出した幻想なのか? それとも実在するのか?

マサチューセッツ工科大学のブラッド・スコウ博士は、スポットライト理論(※2016/8/19詳細を追記を提唱している。簡単に言うと時間は流れているのではなく、「過去・現在・未来」は同じじステージ上に広がっており、そこにスポットライトが当たり、過去から現在へ、現在から未来へ・・・とスポットライトの移動してく様が、時間が経過しているように見えるというのだ。さらにある出来事が過去になるという現象は間違いであり、「過去・現在・未来」は同時に存在し、私たちも全ての時間に同時に存在しているという。

スポットライト理論イメージ

 

「過去・現在・未来」という時間感覚が幻想で、それが同時に存在するならば、次のように言うこともできるだろう。ビッグバンから宇宙の終わりまでのその時間(可能性)はすべて同時に存在する。過去に戻れないのは、スポットライトが過去から現在に移動したからで、単に「過去」という物に触れる事が出来なくなってしまっただけなのだ。この考え方はアインシュタインのいう固有時間と同一で相対性理論とも矛盾しない。

 

そしてこの肝は、相対性理論は時間と空間の対称性を認めている点である。これは時間は空間とほとんど同じ性質で、時間は過去から未来へという一方向性だけでなく、未来から過去へという対称性を持っていることを認めている。つまり過去が未来を規定すると同様に、未来が過去を規定するのだ。

 

だがこれは明らかに因果律やエントロピーの矢と矛盾する。

 

そこで次回は2つ目の時間について考えていく。