●過去を変える方法(1)

2016/6/30

 

前回、個人的なレベルでの過去改変は記憶の操作によって可能だと説明した。

 

でもこれは本格的な「過去を変える方法」ではない。でもそのヒントやアイデアはいままでの考察で散りばめていた。あとはどう組み合わせるかだ。

 

このサイトがテーマとする過去改変は、「過去の世界で起こした行為によって歴史の変化が起こり、自分もその変化を享受した未来へ戻る」という方法だ。せっかく命がけでスカイネットを倒したのに、未来に戻ってみたら誰も自分のことを世界を救ったヒーローだと知らないなんて、寂しいじゃないか。タイムマシンからさっそうとおりて、ワーッと大歓声で迎えられたい。

 

だが今までに考案されたタイムトラベルの方法だと、未来へはまだしも過去へのタイムトラベルは厳しそうだ。

 

だから、新しい視点に立った方法を考えてみる。過去の世界に戻って変化を起こすのではなく、「現在」から「過去」を変化させるのだ。

 

いままでに紹介した理論をもう一度まとめてみよう。

 

まず時間についての新しい考え方、「スポットライト理論」。ビッグバンから宇宙の終わりまでのその時間(可能性)はすべて同時に存在する。過去に戻れないのは、スポットライトが過去から現在に移動したからで、単に「過去」という物に触れる事が出来なくなってしまっただけだ。

 

次にスポットライトを移動させるための仕組み、「時間の矢」で登場した「ホログラフィー原理」について。「ホログラフィー原理」によれば、我々の宇宙で目撃される現象はすべて、この宇宙を覆うペラペラの境界表面に映し出されているという。我々の時空は、量子もつれによるはるか彼方のスクリーン(ブレーンという膜)に映し出された鏡像であり、この宇宙が主なのか、境界表面の情報が主なのか、まだ明確にはわかっていない。境界表面の情報が設計図のように働き、量子もつれによって我々の宇宙を形成している可能性もあるそうだ。そしてエントロピーが増大することによって、この境界表面の面積がどんどん大きくなり「時間の矢」が生まれる。

 

そして2種類の時間にたどり着いた。我々が過去・現在・未来と認識している「歴史的な時間」と「時間の矢」だ。この2つが直交するところが"今"であり、"今"は常に「時間の矢」の先端だ。そして"今"の選択によって「歴史的な時間」=「過去と未来」が変化する。

 

だがその変化に我々は気づかない。なぜなら我々が絶対的なものだと信じている記憶は、時間が経過したり思い出すたびに都合のいいように書き換えられていく、非常にあいまいなものだから。この仕組みは人類が進化していく上で、何らかの理由によって自然に獲得したものなのかもしれない。

 

さて、以上を組み合わせて、どうすれば本格的に「現在」から「過去」を変えることができるのか? 具体的な方法は次回に。